HeadlessなDebianをmacOSのVirtualBox上に構築したメモ

  • Debianからインストールイメージをダウンロード
  • インストールイメージを使って、仮想マシンを構築(sshを有効にしておきます)

ホストオンリーアダプターを追加

/etc/network/interfaces にホストオンリーアダプターを追記

allow-hotplug enp0s8
iface enp0s8 inet dhcp

ホストオンリーアダプターに設定された IP Address の確認

$ ip addr show

Installing the Linux Guest Additions

Guest Additions for Linux

# mount /dev/cdrom /media/cdrom
# apt-get install -y dkms build-essential linux-headers-$(uname -r)
# ./VBoxLinuxAdditions.run

ヘッドレス起動

VBoxHeadless, the Remote Desktop Server

$ VBoxManage startvm "VM name" --type headless

Ubuntu 18.04 に pyenv と Python 3.7.2 をインストールしたメモ

$ sudo apt-get install git
$ git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
eval "$(pyenv init -)"
$ sudo apt-get install gcc make
$ sudo apt-get install libssl-dev \
  libbz2-dev \
  libreadline-dev \
  libsqlite3-dev
$ sudo apt-get install zlib1g-dev
$ sudo apt-get install libffi-dev
$ pyenv install -v 3.7.2

VirtualBox に Ubuntu 18.04 と Docker をインストールしたメモ

VirtualBox 上の Ubuntussh でログインするために、openssh-server をインストール

$ sudo apt-get install openssh-server

Docker CE をインストール

Get Docker CE for Ubuntu

$ sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg-agent \
    software-properties-common
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io
$ sudo gpasswd -a your-user docker

確認

$ docker run hello-world

MacBook に pyenv をインストールしたときのメモ

Homebrew

$ brew install pyenv

.bash_profileの編集

$HOME/.bash_profile

export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
export PATH=$(pyenv root)/shims:$PATH

Pythonのインストール

$ sudo installer \
  -pkg /Library/Developer/CommandLineTools/Packages/macOS_SDK_headers_for_macOS_10.14.pkg \
  -target /
$ pyenv install 3.7.2
$ pyenv global 3.7.2

参考

Cloud Native Kansai #2 行ってきました

Cloud Native Kansai #2 行ってきました

Cloud Nativeをざっくり一言でいうと、k8s を中心としたコミュニティ

最初は、Aoyamaさんのセッション

k8s を中心としたエコシステムができてきている Cloud Native Landscape

コンテナ = pod

LoadBalancer は k8s の宣言でできる

Node 障害があったときは、別の Node で pod が ReplicaSet に書かれた Replica 数で起動してくれる

自動的にロードバランサーからはずして、書き換えたバージョンの pod に置換される

Borg がベースでそれをOSSにしたものが k8s

インフラエンジニアだけのものでなく、Dev も使うといい

k8s は、現在の状態を観測している。現在の状態と理想状態を比較、差分に対処する処理を実施する - Control Loop

k8sフレームワーク、terraform とかを使わずに k8syaml によせていくこともできる - 拡張性が高い

次は、久保さんのセッション

  • Customer Engineer, Google Cloud

Googleでは、40億のコンテナを毎週動かしている

  • 2004 Solaris ?
  • 2006 cgroups
  • 2008 LXC
  • 2013 Docker

最初は、GCEだった。でも、GCEだと、Google Container EngineとGoogle Computer Engineになって、なのでGKE?

マスターは同一リージョン内に3ゾーンもつ

  • HPA - 水平スケーリング
  • VPA(BETA) - 垂直スケーリング
  • CA - クラスタのスケーリング?

Google は自社で海底ケーブルをひいている

GCPUB というイベントがある GCPUB SHIGA, GCPUB KOCHI

次は、MicroAd のやっさんのセッション

Scala つかってる。

DataDogのKunihiko Ikeyamaさんのセッション

  • Traces
  • Metrics
  • Log

分散システムになると旧来のモニタリングツールはつかいずらい

cattle, not pets

Tag づけをする

  • source
  • service
  • env(prod, staging, dev...)
  • role(web, database, appserver...)

オーケストレーションも監視する必要がある

ユーザからの視点で、外形監視できるようになる

LT

  • Compose on Kubernetes
  • VUI で pod の状態監視やスケールアウトする
  • k3s

リンク

Fire 7 に Firefox をインストールする手順

  • 設定 > セキュリティとプライバシー の 詳細設定 にある 不明ソースからのアプリ をオンにする
  • Download Firefox for Android in your language で、ARM デバイスの apk をダウンロード
  • apk を開いてインストールする
  • 設定 > セキュリティとプライバシー の 詳細設定 にある 不明ソースからのアプリ をオフにする