読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure IoT HubのMQTT(s)

環境

MQTTに接続するユーザ名とパスワード

ユーザ名

{iothubhostname}/{device_id}

パスワード

SharedAccessSignature sig={signature-string}&se={expiry}&sr={URL-encoded-resourceURI}

String password = String.format(
    "SharedAccessSignature sig=%s&se=%s&sr=%s",
    URLEncoder.encode(sig, StandardCharsets.UTF_8.name()),
    expiry,
    scope);

expiry

有効期限でUNIXタイムスタンプ(秒)のlong値です

URL-encoded-resourceURI(scope)

{iothubhostname}/devices/{device_id}

signature-string(sig)

バイスのキーをBase64でデコードしたバイナリをHMAC-SHA256のキーとして使用します。

String deviceKey = properties.getDeviceKey();

Mac mac = Mac.getInstance("HmacSHA256");
mac.init(new SecretKeySpec(Base64.getMimeDecoder().decode(deviceKey),
    "HmacSHA256"));

URL-encoded-resourceURIとexpiryを改行で分けたメッセージを署名します

String scope = String.format("%s/devices/%s",
    properties.getHostname(),
    URLEncoder.encode(properties.getDeviceId(), StandardCharsets.UTF_8.name()));
String message = String.format("%s\n%s", scope, expiry);
String sig = Base64.getMimeEncoder().encodeToString(mac.doFinal(message.getBytes()));

IoT Hubへのメッセージの送信

devices/{device_id}/messages/events/ または devices/{device_id}/messages/events/{property_bag} をトピック名としてメッセージを送信できます。

IoT Hubからのメッセージの受信

devices/{device_id}/messages/devicebound/# をトピックフィルターとして使用してサブスクライブできます。

GitHub

github.com

広告を非表示にする