読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spring Boot 1.4.1 - Controller

Controller

Thymeleaf については次のリンクを参照してください。

http://www.thymeleaf.org/doc/tutorials/2.1/usingthymeleaf_ja.html

Thymeleaf を Spring Boot で使えるようにするために、build.gradle の dependencies に次の行を追加します。

 compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-thymeleaf')

1. Index

PROJECT_ROOT/src/main/resources/templates/index.html を作成します。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
      xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
  <head>
    <meta charset="UTF-8"/>
    <title th:text="#{title}">TITLE</title>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
  </head>
  <body>
    <p th:text="#{welcome}">WELCOME</p>
  </body>
</html>

PROJECT_ROOT/src/main/resources/messages.properties を作成します。

title=title
welcome=Welcome!!

コントローラを作成します。

package com.example;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;

@Controller
public class IndexController {

    @GetMapping("/")
    public String index() {
        return "index";
    }

}

コントローラのメソッドが返す文字列に .html を付加した templates ディレクトリにあるファイルを Thymeleaf のテンプレートとして使用して、HTML をブラウザに返します。

./gradlew bootRun

で起動して、ブラウザで http://localhost:8080 にアクセスした画面は下のようになります。

f:id:section27:20161025222402p:plain

2. ロケール

デフォルトでは、org.springframework.web.servlet.i18n.AcceptHeaderLocaleResolver を使用して、ブラウザから送られる accept-language を使用したロケールでメッセージが表示されます。

org.springframework.web.servlet.i18n.CookieLocaleResolver, org.springframework.web.servlet.i18n.SessionLocaleResolver, org.springframework.web.servlet.i18n.FixedLocaleResolver を使用した、クッキー、セッション、固定といったあらかじめ用意された LocaleResolver を使用することもできます。

ここでは独自の LocaleResolver を作成して日本語(osaka_JP)になるようにしてみます。

package com.example;

import org.springframework.web.servlet.LocaleResolver;

import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;
import java.util.Locale;

public class OsakaLocaleResolver implements LocaleResolver {

    @Override
    public Locale resolveLocale(HttpServletRequest request) {
        return new Locale("osaka", "JP");
    }

    @Override
    public void setLocale(HttpServletRequest request, 
            HttpServletResponse response,
            Locale locale) {
        throw new UnsupportedOperationException("unsupported");
    }
}
package com.example;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;
import org.springframework.context.annotation.Bean;

@SpringBootApplication
public class DemoApplication {

    public static void main(String[] args) {
        SpringApplication.run(DemoApplication.class, args);
    }

    @Bean
    OsakaLocaleResolver localeResolver() {
        return new OsakaLocaleResolver();
    }
}

PROJECT_ROOT/src/main/resources/messages_osaka.properties を作成します。

title=タイトル
welcome=大阪にようこそ

実行して、http://localhost:8080 にアクセスしてみます。

./gradlew bootRun

f:id:section27:20161025222418p:plain